1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

乙女ゲーの萌え語りです。腐ってますのでご注意をww


フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

玲

Author:玲
薄桜鬼から見事に乙女ゲーにはまりました!
飽きっぽいのに気づけば乙女ゲー歴3年目に突入。これからも宜しくお願いします。
これまでのお気に入りは、二世の契り 華ヤカ デザキン等ギャグ要素ありのオトメイト率高し。
プレイ済作品はこちら

twitter ID reigame1

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

Category: ニル・アドミラリの天秤

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ニル・アドミラリの天秤 感想
いろんな意見があって恐る恐るプレイしたニルアドですが、
私は面白かったです。
これは自分でも少し意外でした。


どんなところが面白かったのか、大きなネタバレはなし(若干のネタバレありなので
見たくないかたは回避)で書いていこうと思います。


まず、エロがあるって本当?って話。
これが一番のネックでした。
いかにも、こういうのが好きなんでしょ?みたいなエロが
入ってるかと思ってたので、意外や意外、拍子抜けしました。


あるのはあるんですが、ほとんど朝チュンみたいなもんで
エロいシーンを延々と見せられたり主人公が喘いだり、ということではなく
攻略キャラが主人公をつなぎとめておきたい、っていう割と
精神的なもろさの描写だったように思います。


まぁ別にあえてそういうシーンを入れなくても、しかも全員でなくても、
とは思うのですが
家族令嬢で世間知らずだった主人公が色を知る、というのはかなり価値観の変わる出来事ではないかなと
思いました。



特に好きだったのは、隼人の台詞。
他の男に抱かれた主人公に気付いて、
ヘアピンがとれそうという、気持ちを押し殺した
台詞。(記憶違いだったらすみません)
直接的な言葉でないだけに艶っぽくて好きでした。




あと どこが面白かったか。

稀モノと呼ばれる人の感情が宿った本を探す、という職務があって、
その本を探すために書店をめぐったり日課をこなすのですが(作業でなく文章)
ここが本当にその仕事に就いた気分になれて楽しかったです。
ただどのルートもあまり変わり映えせずスキップもできないので
それが退屈な人には苦痛かも知れません。


普段の私なら好きになれないところなのですが、
殺人事件なんかも絡んだりしていて、
同じ内容でもこのルートではこの人物にその台詞まわさせるのかー、
と別な観点から楽しむことが出来ました。
大筋な流れは変わらないものの、そのルートでしかわからないこともあったり
驚きがあったので飽きずにプレイできました。





あとニルアドは攻略できないおいしいサブキャラがいっぱいいます。
普通は次点、みたいな1人だけってパターンが多いのですが、
雑貨屋の杙梛、警察官の燕野、作家の笹乞とどれも
FDでは攻略キャラに格上げできそうなキャラがたくさん出てくるので
彼らに会えるたびにわくわくしたり。
攻略できない分妄想の余地ありでした。



特に私は笹乞が好き。
お話的なことを言うとそこまで人気はないと思うのですが、
見た目、服装、声、台詞、とものすごくいいツンデレだと思います。
割とどの人物も主人公に癒しを求めていた気がするので、
彼こそ救われてほしい。


攻略キャラ達で言うと好きな順は
隼人→滉→昌吾→翡翠→累→紫鶴かなぁ。
隼人は設定からしてずるいし髪型がものすごく好きww
滉は個人的にはBADの方がもの悲しくて好きでした。




あとニルアドの好きなところは、登場キャラの手記で細かい部分まで
描かれていたところ。
本編で少し謎は残ったものの、なるほどそういうことか、
という答えが書かれてあり、それが脇役それぞれどれも納得できるものでした。
ここでも笹乞はヤバかった・・・。
あと手記もちゃんと声つきなのが嬉しかったです。



確かに恋愛過程は少な目なのですが、
納得できないほどではなかったですし、
全ルート通して綺麗にまとまっていた印象の方が強く残りました。



このライターさん、作品によって面白さがそれぞれあるから
なんとも言えないな・・・w
私の中では


ガネクレ→長いけど楽しい
プリアサ→超眠い
戦ワル→あっさりしすぎ
Pigeon Blood→クズがいるけど面白い
ニル・アド→人を選ぶけどとても好き



という感想に。
あまり期待しすぎずにプレイされると良いかと思います。
でも本当、個人的に余韻を引き摺る作品は少ないので
今年で言うとかなり好きかもしれません。
いろんな感想を読むのが楽しいので、プレイされた際にはぜひ感想をお待ちしています。



スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。