FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

乙女ゲーの萌え語りです。腐ってますのでご注意をww


フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

玲

Author:玲
薄桜鬼から見事に乙女ゲーにはまりました!
飽きっぽいのに気づけば乙女ゲー歴3年目に突入。これからも宜しくお願いします。
これまでのお気に入りは、二世の契り 華ヤカ デザキン等ギャグ要素ありのオトメイト率高し。
プレイ済作品はこちら

twitter ID reigame1

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

いろいろ感想まとめ
連休はいかがお過ごしだったでしょうか。
連休中ではないのですが、個人的にはここ数日で、ファタモルガーナの館 Another Episodes
とfault milestone twoをプレイできて大満足でした。
しかし感想が難しい。本編同様とても私の語彙力ではお伝えできないので、
もう本当ざっくりと読み取ってください。





ファタモルの方はもうさすがとしか言えない。
これは本編あっての物語なので、結末が変えられないゆえに、
物語が進行していくのを見守ることしかできません。
これはモルガーナが魔女へとなった根幹のお話です。
ですが、ただただ残酷なだけではなく、
一人の少女としての喜びが確かにあったということ、
ただ一つの結末にたどりつくのに計り知れない時間と想いの積み重ねが
あったことを、ゆっくりと見届けることができました。



丁寧に丁寧に描かれているので、どこにも
お話に無理がなくて、ゆえにこの話には救いの差し伸べようがありませんでした。
ゆるやかに絶望へと向かっていくだけ。
結末に辿りついた時、全てを見てきたプレイヤーはヤコポと一緒に
打ちのめされるしかありません。
どうして、こんなはずじゃなかったのに・・・と。



そして、もしかしたらあったかもしれない結末のお話も。
もうこれは泣くしかありませんでした。
ヤコポがモルガーナを好きで、モルガーナでなくてはダメで、
ただそれを伝えることが許されて二人で過ごすだけのそんなあったかい日々が。
絶望の物語を見てきたあとだからこそ、モルガーナに許されることをどれだけ望んだのか、
もう忘れないでほしいと願わずにはいられない。


かと思えば、舞台裏では当然のように爆笑をかっさらっていくのだからぐうの音も出ない。
どんな温度差でこれが書けるのか。
グラシアンの名前はこれで覚えたといっても過言ではない。


少しも言いたいことが伝えられなかった気はするのですが、
本編をやった方にはもれなくおすすめします。
蛇足ではありません。個人的には長さもちょうどよく、
とても感情移入しやすい作品だったと思います。




お次はfault milestone two。続編を全力で待ってたわりに、発売直後にできず
焦っていたのですがようやくプレイできました。
相変わらず熱くてかっこいいお話でした!!!
oneよりもシナリオボリュームも増してます。(4時間~5時間程度)
しかしながらだれることなく、一気に読めてしまいます。
体験版をプレイした際にも書いたのですが、
きっと「!!!!!!!?いまなにがおきた?」
の驚きが待っていることと思います。ノベルゲーの可能性尊い。
さらに序盤、中盤、終盤とどこでお話の緩急をつけるかきちんと考えられていて、
とくに終盤の熱量がいつもかっこいいからお話のインパクトが大きくて
心に残りさらには続編が楽しみで仕方なくなるのだと思いました。
終わり方がいつも素敵。





それから最近読んだマンガの話。
なにやら今度アニメ化するらしい、と書店で見かけて
ReLIFEを読んでみました。
27歳、2浪、院卒の主人公が3か月で会社を辞めニートに。
怪しげな男にリライフしませんか?と声をかけられ高校生活をやり直すお話。


あらすじだけだと、いかにもテンションだけでのりきるラノベっぽい感じなのですが、
高校生活を送りながらも27歳のリアルな心情がのぞけて、
とても現実的で面白かったです。
とくに就職活動といった現実から目を背けた主人公が、高校生活がいかにぬるま湯であったか、
やり直すチャンスがどれだけ与えられているのかを深く実感するところが
面白いと思いました。
登場キャラも突飛ではなく、あーこういう子いたわ、と共感できるものであったり、
大人になるとその青春時代がいかに尊いか、そしてそれを思ってしまうあたり自分も
年をとってしまったのだと感じるあたりがもう本当にリアル。
一気に読んでしまいました。
とはいえ、これ冊子で見ても面白いかどうかは読んでみてないのでちょっと謎。
comicoで読める作品なので、もとは縦スクロールのお話なんですね。
それがとても丁度よく感じられた分、
コマ割りなんかの技術はまた別のお話ではないかと。
もともとアニメ塗りのような感じなのでアニメ向きだと思います。



余談ですが、作者の出身地が大分県で私と一緒なのですが、
登場人物の苗字が地名です。そんな地名あったねと謎の共感。
興味のある方はまずはぜひスマホでcomicoで読んでみて下さい。
私は夜明さんが好き。



本当は9月はもっとゲームをする予定だったんですが、いつの間にやらもうすぐ10月。
買い逃した作品もゆっくり追いかけたいなと思います。
それではまた。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。