FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

乙女ゲーの萌え語りです。腐ってますのでご注意をww


フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

玲

Author:玲
薄桜鬼から見事に乙女ゲーにはまりました!
飽きっぽいのに気づけば乙女ゲー歴3年目に突入。これからも宜しくお願いします。
これまでのお気に入りは、二世の契り 華ヤカ デザキン等ギャグ要素ありのオトメイト率高し。
プレイ済作品はこちら

twitter ID reigame1

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category: Si-Nis-Kanto(シニシカント)

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Si-Nis-Kanto(シニシカント)フルコンプ感想他
Si-Nis-KantoSi-Nis-Kanto
(2013/10/25)
Windows

商品詳細を見る
新作BLゲー、Si-Nis-Kanto(シニシカント)をフルコンプしましたー!とっても面白かったです!!!
どのゲームもそうですが、どこがどうとかではなく、一言面白かった!!って言える作品がやっぱり本物ではないかなと思いました。
またしても私のBLゲー平均点を上げてくれて、言う事ないです。BLだから,ではなくて、BLゲーはシナリオがあるからやっぱり面白い。



ネタバレはしませんが、なんと言っても1人あたりのシナリオが本当にじっくり丁寧でした。1週目は10時間、2週目からが6時間ぐらい、計20~25時間の間ぐらいでしょうか。攻略キャラが3人に絞られていたおかげで、無理やり恋愛ルート入れました的な展開がなく、無駄にお話しを引き延ばした感じもしなかったので、あっという間に読み終えてしまいました。
マフィアのお話ですがそんなに痛々しい表現はなく、それよりも感情の渦に引き込まれて精神的に泣きたくなる場面が多かったです。恋愛面でも、お互いに惹かれあう、という淡い表現よりは、いつの間にか心の中に住み着いて拭えなくて。
どうしてこんな気持ちにならなきゃいけないんだろう。悔しくて恋しくてたまらない・・・。とかなり切なく本当に泣けました。(全部のルートではないですが)
この切なさこそがこの作品の最大の売りであり、他のゲームには見られないぐらい素晴らしかったと思います。
あえて不満点をあげるなら、EDが割とあっさりだったかなーと。これは人それぞれの感じ方にも寄りますが、私は物語は”主人公の独白”で終わってほしいタイプです。ハッピーENDを噛みしめて噛みしめて余韻に浸りたいというか。気持ちそれが数行足りない分余韻に浸り損ねたというか。でもハッピーENDに変わりはなく全体としてかなり良く出来てたと思います。本当にオススメ!!未プレイの方はどうぞプレイされてみてください。
ちなみに私はカルロ最萌え。萌えたというより泣いた・・・。








そしてこの作品の前にプレイしたのが断罪のマリアComplete Editionです。
断罪のマリア Complete Edition 初回豪華版断罪のマリア Complete Edition 初回豪華版
(2013/09/27)
Windows

商品詳細を見る

もうずーっと断マリ断マリ言い続けていい加減ウザイとは自分でも思ってますが、宣伝させて下さい。



この作品は
断罪のマリア(PC)
断罪のマリア ラ・カンパネラ(PSP)ハッピーEND追加、残酷シーンカット
断罪のマリア CE(PC)ハッピーEND追加、残酷シーン再収録、戦国のマリア追加
と移植されてきており、私はこの原作にドハマリして完全に乙女ゲーに墜ちました。


ただPSP版も購入したのですが、シナリオがダークな分どうも小さい画面でプレイする気にならず数人しかプレイしませんでした。
乙女ゲーが乱発される中、もう今更プレイしないだろうなーと購入を見送っていましたが、
迷った挙句やっぱり買ってプレイして良かったと思いました。


というのも、PSP版の時に追加されたハッピーENDをほとんど見ていなかったんですが、
これがかなり良いです!!!そもそもハッピーENDが追加って??と思うでしょうが原作は
ほぼSADENDと言えるような終わり方しかしません。だからあまりオススメもできなかったのですが、
このハッピーENDが加わったおかげでやっと人にオススメできるなと思いました。
とはいえ、暗い、長い、残酷は避けて通れないので、
バッチコイ!!な人と時間に余裕のある方しかオススメはできないのですが。
それでも合間に差し込まれるギャグとの対比だったり、とにかく作りこまれたシナリオだったり、
しっかりとした萌えだったり、攻略人数・ルート・スチルの多さだったりと、
数年越しにプレイしても今の乙女ゲーに到底ないものが詰まった揺るぎない作品だと再認識しました。
かなり追加されたスチル、ENDのおかげで新作のように楽しめました。


それぞれプレイヤーごとにこの人と言えばこの作品推し!と譲れないものがあると思うのですが、
それが私にとっては断罪のマリアであり花梨さんなんだなーとつくづく実感しております。
未だに身近な方で断マリ好きをほとんど見かけない・・・。まぁ自分が好きな作品は二世の契りしかり浮いてる自覚はあるんですけどね。ハマる人は本当にハマると思うので興味をもたれた方は是非。




今後のプレイ予定は神々の悪戯→青春はじめました!→グラハFDです。それではまた。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。