FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

乙女ゲーの萌え語りです。腐ってますのでご注意をww


フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

玲

Author:玲
薄桜鬼から見事に乙女ゲーにはまりました!
飽きっぽいのに気づけば乙女ゲー歴3年目に突入。これからも宜しくお願いします。
これまでのお気に入りは、二世の契り 華ヤカ デザキン等ギャグ要素ありのオトメイト率高し。
プレイ済作品はこちら

twitter ID reigame1

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

Category: 薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

過去の名作に出会いました。
乙女ゲーが不作、でも面白いゲームがやりたいい!ということで、だいぶ温存しておいたBLゲー、
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク(PS2)をプレイしましたー!
面白かったー!!!
いや、何から説明していいのか悩むところなんですが、とりあえずシナリオが逸品です。素晴らしい。
神学校と同じライターさんといえばそれだけで納得できる方も多いはず。


今回はネタバレは一切なしで、この作品の面白さを力説したいと思います!
まず簡単なあらすじを。
main.jpg





時代は、遠く大陸から軍靴の響きが聞こえ始めていた、昭和初期。
若きエリートたちが学ぶ全寮制の男子学校。
主人公はそんな学校で小間使いをしている青年、日向 要。


ある日、要が唯一親しくしていた下級生の少年が、
小鳥の死骸を薔薇の木の根元に埋めてほしいと頼みに来た。
要は彼の頼みに応じ、小鳥を葬る約束をする。


だが、少年との約束を果たそうと裏庭を訪れた夜更け。
要は突然暴漢に襲われた。
だが、いったい何故。誰が?


数日後、要と親しくしていた生物教師・月村の元に
「花喰ヒ鳥」と名乗る人物から事件をほのめかす手紙が届く。
月村は、犯人探しのため、まず手紙の差出人を見つけようと要にすすめる。


果たして犯人は一体誰なのか、事件後なぜか要に対する態度が
露骨に変わった何人かの学生達。薔薇の木の傍に現れた、
奇しくも同じ「花喰ヒ鳥」を名乗る青年。
要に小鳥を葬ることを頼んだ後行方不明になった少年。
彼らは事件に関係するのか?
なぜ要の身に事件が降りかかったのか、そしてその目的とは一体・・・

要は彼らに接触をはかり、「花喰ヒ鳥」を探し始める・・・




公式より一部抜粋しました。


もうこの時点で興味を惹かれるミステリーですよね。ただのBLゲーにあらず。
では長くなるので続きは追記よりー。

実は最初の2時間程、絵柄があまり好みじゃなかったり、攻略方が全くわからなかった為、
この作品が面白いのかどうか決めかねていました。
でも読めば読むほど面白くなって引き込まれていきました。


攻略方ですが、単純にそれぞれのキャラに該当するカードを重ね合わせていくだけ。(上側が攻め)
あとは自動でシナリオが発生しますので、
5月26日から7月5日までを過ごしていくだけです。しかし単純ながら奥が深い!深すぎる!


まず、登場キャラが8人、CPは総勢17組(主人公としか結ばれないキャラが2名)、リバ有り、3組は同時進行可能という自由度。
なんというホモの大盤振る舞い 実に腐ってやがる・・・!
大体のBLゲーは主人公と誰か、しか攻略できませんよね?このゲームは主人公とは関係なしに
CPを成立させることが可能なんです。しかもそれがおまけ程度なんてものではない!!


どうCPが成立するのか、という説明ですが、基本的な設定を同じくするパラレルワールドのような
ものです。シュタゲをプレイした方なら世界線が変わった、といえば伝わるでしょうか?
物語の始まりと最後は同じなのですが、それを誰とどう過ごすかということです。


でもそうなると、シナリオは普通金太郎飴に感じるのですが、
この作品のすごい所はそれがないところなんですよ。パラレルワールドの中にも、彼らのキャラクターはそのままで、 「じゃあこの二人が出会ったならどんな会話をするのか?どういう想いを寄せていくのか」 がきちんと丁寧に描かれているので、全CPともに作業ではなく納得できる話になっています。
また、私基本的にはリバって嫌いなんですが、この作品はそれが平気でした。
例えばこのCPの時には攻めが好きでも、このCPの時には受けが好き!とか。
なぜなら攻めの時にはすごく男らしい性格が見えていたり、受けの時には可愛い一面が見えていたりと、
決してその人物の性格が変わったわけではないのに、この二人が揃うと自然とそういう役割になるよなーという納得させるだけの要素が揃っています。


また同じCP内のリバについては、シナリオの変化はありません。
エロシーンはPS2の為カットですが、寸前スチルが攻めか受けか変わるだけです。
シナリオの変化がないのに攻めと受けが変わる、というのも普通はおかしいのですが、
基本的にどちらも男性だから、攻めはいけるはず、というところに由来している気がします。
うまく説明できないんですが、違和感がないのが不思議なんですよ本当に。



犯人については割とあっさりわかるんですが、犯人がわかってもなお面白いです。
なぜ犯行に至ったのかは終盤までわからないですし、わかった後でも成立させたCPの物語は
続いていくので、より物語の深みが増すんです。
犯人のことをどう思っていたかとか、彼らそれぞれがどんな風に生きてきたかとか。
全ルートを通ってもなお矛盾のないシナリオ。まさに圧巻です。
常日頃からライターさんにはやっすい恋愛モノじゃなくて人物背景を書いて!お願いだから!!
と切に願っていますが、もう何も望まなくても全て書いてくれていた作品です。



あとそれぞれのCPの物語が丁寧、と言いましたが、このへんがこの作品の真骨頂というか、
書き方が美しいんですよ。そもそも大前提として男同士ですから、
友情以上の何かがあって恋にならないと成立しないわけです。
その「この人の傍にありたい」と恋に落ちる瞬間がすとんと描かれているので、
単なるBLという表記に終わらず、耽美という世界観が完成しているのだと思いました。
なんか、思わずキャッチフレーズをつけたくなるほど切ないんですよ。


そんなわけで、いきなり個人的に好きなCPとつけたいキャッチフレーズの発表。


1位 金子 光伸 × 日向 要
「お前は、俺が欲しい言葉をくれるんだな」


2位 金子 光伸 × 木下 真弓
「全部、俺が忘れさせてやるよ」


3位 水川 抱月 × 金子 光伸
「俺を、ガキ扱いするな!」


4位 鹿之浦 誠司 × 日向 要
「本当はずっと、兄貴が好きだっただけなんだよ」


5位 土田 憲実 × 金子 光伸
「お前があいつを好きなように、俺もお前が好きなんだよ」




はい、お分かりの通り光伸が好きすぎて\(^o^)/
あとは誠司も可愛くて萌えました。これPS2の追加版なのであって正解だと思います!良かった!
プレイ時間は15周ぐらいして大体30時間ぐらいでしょうか?
本当にシナリオが素晴らしいので、腰をどっすり据えてプレイしてもらいたい作品です。
素晴らしい作品を、ありがとうございました!!
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。